【大学入試】初の共通テスト始まる・センターとの違いや難易度・コロナ感染対策は?

pink clouds

本日は、朝日新聞デジタルから「初の大学入学共通テスト」について、学びなおし。

センター試験との違いや、どんな能力が試されるようになったのかを理解していきたいと思います。

センターより難しくなる?

  • 大学入学共通テストは、昨年度まで31年続いた大学入試センター試験に代わって初めて実施される
  • 出発点は2013年、安倍晋三前首相肝いりの教育再生実行会議が新テスト導入を提言したことだ
  • 生徒の主体的に学ぶ力を育てるため、「知識偏重の1点刻み」からの脱却を求めた
  • 国語と数学に記述式の問題を導入することや、英語の「読む・聞く」力だけでなく、「書く・話す」力も合わせた4技能を測ろうと、民間の検定試験を活用する予定だった
  • 16日にある英語は「リーディング」(筆記)で発音やアクセントの単独問題は出ず、知識が実際の場面で活用できるかを問うような問題が出る
  • センター試験時代に2回読み上げられていた「リスニング」は、6問のうち4問が「1回読み」になり、配点が50点から100点に引き上げられた
  • 他の教科でも文科省が重視する「思考力・判断力・表現力」を測るため、複数の資料を読み解く問題が増えるとされ、全体的に難しくなるとみられている

これまでのように暗記や知識の詰め込みによってカバーするインプット重視の問題は減り、より実践的でアウトプットを重視した問題が増えるということですね。

試験内容「実用的で新しい内容を出していると感じた」「過去問がなく準備が難しかった」

  • 初日は、地理歴史・公民・国語・外国語を実施
  • 大学入試センターの作問担当者によると、問題の難易度について、昨年の大学入試センター試験と比べ「全体的に問題の分量が増え、難しくなったとみえるかもしれない。ただ、実際は解答データを分析しなければ分からない」と述べた

英語

  • センター試験の英語(筆記)で出題されていた発音・アクセント問題や、文法問題単独の出題がなくなり、全問読解問題形式となった
  • 英文を素早く読み、必要な情報を正確に読み取る力が重要となっている
  • 東海高校3年の阿部竜也さん(18)は一橋大経済学部を志望。試験内容については「各予備校が予想問題や傾向と対策を示していたけれど、英語の問題はどことも違っていた。自分は大丈夫だったが、リスニングでの1回読みも含め、『やばかった』と言っている人も多かった」と語った。「英語ではスマートフォンのチャットで返答することを想定した問題があり、実用的で新しい内容を出していると感じた
  • 愛知県立中村高校の女子生徒(18)は、「英語では長文読解の時間が足りないなど、全体としてセンター試験より難易度が上がったと感じた」
  • 岐阜大(岐阜市)で試験を終えた私立富田高校3年のリマ・ヒデキさん(18)は、英語について「グラフが出て、これまで解いたことがない問題なので驚いた

地歴公民

  • 地理歴史、公民では、新傾向の出題が目立った
  • 県立長良高校3年の小原光貴さん(18)は、「地理に目新しいグラフが出てきて考えさせられた」。同高3年の別の男子生徒(18)は、「世界史はグラフの読み取りが多くて、センター試験と傾向が変わったと思った。知識を前提にして考えないといけないと思った」
  • 新潟東区の女子生徒(18)は、初の共通テストに「過去問がなく準備が難しかったが、学校が対策を用意してくれた
  • 世界史は、史資料の出題が増加した。中世ヨーロッパのペスト流行についての問題が出題された

国語

  • 評論文を授業で学んだ生徒が内容を理解するために作った三つのノートをもとに、思考力が問われる問題が出た。試行調査で出題されて注目されていた、実用的な文章は出されなかった

特徴としては、英語は「長文読解の難易度が上がり、グラフ問題もある」、地理歴史は「グラフ・史資料からの出題が増加」といった感じですね。

とことん暗記だけでは解けない、真の理解力が求められる問題が多くなったようです。

感染対策「1科目ごとに換気」「受験生はアルコール消毒液してから入室」

  • 東海高校3年の阿部竜也さん(18)は、「1科目ごとに換気するので少し寒かったが、暖かい格好をしていたので問題はなかった。暑くて頭がボーッとするよりはよかったと思う」
  • 愛知県立中村高校の女子生徒(18)は、「会場の換気や消毒など、こまめに対策してくれているのを感じて、それほど不安はなかった。トイレ休憩もある程度分散していて、特別過密とは感じなかった
  • 府北部唯一の会場の福知山公立大(福知山市)では約470人が受験。感染対策で会場には保健師が待機し、一部の狭い試験室には試験監督者と受験生との間にアクリル板が設置されていた
  • 名古屋市千種区の名古屋大東山キャンパスでは、受験生は各教室に備えられたアルコール消毒液で手指を消毒してから入室。試験の注意事項などを説明する試験監督は、アクリル板越しに話していた

受験生が大変なのはもちろんでしょうけれど、主催者側も本当にお疲れ様ですね……。

国が共通したコロナ対策を示してくれないから、独自に考えてできることをやっているという印象です。

意見「今、受験する必要なくない!?」

16・17日に受験を行っている皆さん、本当にお疲れ様です。そして、ご検討をお祈り申し上げます。

でも……、どうして今年、受験しようと決めたのでしょうか?

やむを得ない理由があるのかもしれませんね。

それを差っ引いても、私なら(私の子どもが受験生なら)、今年は浪人すると思います。または、1~2年就職やバイトをして、数年後に改めて大学受験に挑みますね。

それくらい、今年試験を受けることも、大学に入学することも、あまりにもリスキーです。無事に合格できたって、まともに学校へ通える保障がないんですよ?

大学は何歳でも入れます。何もこの混沌とした年に勝負を挑むことはないんじゃないでしょうか?
世界や社会の方向性があるていど定まってからのほうが、キャンパスライフも充実するんじゃないでしょうか?

コロナが流行ってから、若者は取り分け「とばっちり」を受けすぎています。学校は休校するわ、仕事はないわ、外出できず楽しみを奪われるわ、試験など将来にも影響するわ……。

そういう時には、一度、大人の敷くレール(大人にとっての当たり前)を疑ってみてほしいのです。

高校3年生になったからといって、来年大学へ行くことはないと思います。
これまで頑張って勉強してきたからといって、無理して受験することはありません。

新しい世代には、先人の大人にはできない新しい生き方・選択を行ってほしいな……なんて、おばちゃん(平成2年生まれ・30歳)は思います。

では、また次回!

参考記事

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA