メタバースとは?

man wearing white virtual reality goggles

本日は、「メタバース」について学びなおし。

近年、ニュースでこのワードが取り上げられることが増えてきました。

でも、「そもそも『メタバース』って何?」「何ができるの?」「生活にどう使うの?」「これからどんな風に普及していくの?」など、わからないことがいっぱいです。

そこで、メタバースの初歩の初歩からざっくり概要を確認してみましょう。

メタバースとは?

コンピュータやコンピュータネットワークの中に構築された現実世界とは異なる3次元の仮想空間やそのサービスのことを指す。日本における意味合いにおいては、基本的にバーチャル空間の一種で企業やVR(ヴァーチャルリアリティ)を活用し2021年以降、新たに参入した人間達が集まっている商業的な空間の事が主にそう呼ばれる。将来的にインターネット環境が到達するであろうコンセプトで、利用者はオンライン上に構築された3DCGの仮想空間に世界中から思い思いのアバターと呼ばれる自分の分身で参加し、相互にコミュニケーションしながら買い物やサービス内での商品の制作・販売といった経済活動を行なったり、そこをもう一つの「現実」として新たな生活を送ったりすることが想定されている。

Wikipedia

Wikipediaの説明をまとめてみます。

  • メタバースとは、ネット内に作られた仮想空間仮想サービスのこと
  • 利用者は、メタバース(仮想空間)で好きなアバター(分身)を作り、世界中の人とコミュニケーションしながら、買い物やサービスを楽しむことができる
  • 将来的には、「もう一つの現実世界」のような位置づけになりそう

「もう一つの現実世界」って、単純にすごいですよね。「現実」が2つ、相互を行ったり来たりして生活するなんて、映画みたいです。

こんな夢のような話が、今まさに2022年の社会で広まりつつあるとは……。

現在のメタバース

今のところ、メタバースはどんな風に利用されているのでしょうか?

報道ステーションによると、メタバースは単なる遊び場にとどまらず、その中で実際の社内会議を行ったり自動翻訳機能を搭載して世界中の人とビジネスミーティングができるそうなのです。

2021年12月には国内で大規模なイベントも行われたようで、ローソンや大丸松坂屋など約80社が出展。
メタバース上で現実世界の商品を買うことができ、100万人以上が来場。そのうち、約4割が海外からのお客さんだったそうです。

コロナで海外渡航が難しい中、メタバースを使った新ビジネスは多くのお店や企業を救う手段になるかもしれませんね!

また、実際の利用者によるインタビューでは、「容姿・年収・年齢・ステータス一切関係なく人と関われることで、内面を重視した人間関係が築ける」とメタバースの魅力が語られていました。

ちなみに、現在メタバース上で使える五感は視覚と聴覚のみですが、いずれは味覚や触覚も感じることができるよう研究が進められているそうです。

ネットと現実の境目がなくなる……そんな未来が近づいているんですね!

メタバースで出来ること

ここからは、私が考えた「メタバース上で出来そうなこと」を挙げていきます。

先ほどすでに挙がった会議・ゲーム・ショッピング・イベントはもちろん、もっともっと色んなシーンでメタバースは使えそうだと思ったからです。
もしかしたら、もうすでに行われているものもあるかもしれませんね。

  • 結婚式
  • 卒業式
  • 同窓会
  • 婚活(内面重視な人に良さそう!)
  • 金融
  • 旅行(メタバースで再現された場所なら、世界中どこへでも行けそう!)
  • 子育て(メタバース上だけで出産・子育てするとか……)

ここまで書いて思ったのですが、「現実世界では独身を貫きながら、メタバース上では結婚し子育てをする」なんてこともできそうな気がしてきました。良し悪しは別問題として。

メタバースは、これまで私たちが親しんできたネットやゲームの世界とは違います。
現状、「仮想空間」と呼ばれていますが、もう一つの「現実空間」としてとらえるべきものです。

例えば、今多くの人がSNSでリアルな友達と繋がり、買い物をして、仕事の連絡まで行っていると思います。
メタバースはそれをさらに大きく発展させたもの。だからこそ、Facebookは社名を「メタ」に変えたのです。

メタバースはさらに加速する予感しかしない

「仮想空間に入り浸る」「現実世界とネット世界を行き来する」と言うのは、これまでの認識では危ないことのように感じられるかもしれません。

でも、メタバースは一時的に遊んだり、気軽にリセットできたり、好き放題できる場所ではありません。
現実世界同様の秩序もあります。

コロナを機に大きく注目されるようになったメタバースは今後さらに発展し、今どきのアプリやSNSのように私たちの生活になくてはならない存在となるのでしょう。

ただし、肉体だけはメタバース上でメンテナンスすることができません。
現実世界で身体を壊したり急速に衰えてしまってもメタバース上では対処できませんから、色んなことがメタバースで可能になるとは言え、健康にだけは引き続き気をつけていったほうが良さそうですね。

では、また次回!

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA