【子どもの「NO」を見逃さない】性的同意を学ぶ本から、親ができる日々の習慣を考える

accomplishment action adventure challenge

本日は、ハフポスト日本版より「子どもの性的同意」について、学びなおし。

昔よりはかなり議論は進んで、良い方向へ向かっているとは思うのですが、ここからさらに子どもたちを守るべく考えを深めていきたいところです。

元ネタの記事は、こちらになります。

記事の概要

  • 「からだの自己決定権」や「同意とは何か」を易しく、ポップなイラストで説明したアメリカ発の本が、日本でも翻訳・発刊された。
  • 本のタイトルは「子どもを守る言葉『同意』って何?」(集英社)
  • 著者は、『性的同意』を紅茶に置き換えたアニメーション「Tea Consent」の制作者の一人だ。 この動画は世界各国で訳され、話題になった。
  • きっかけは、(著者の)ブライアンさんが7歳の娘から、「今日学校で突然、男の子からキスされた」と伝えられたことだった。
  • この一件を機に、ブライアンさんは子どもたちを守るために、『同意』を伝えるアニメーション「Consent for Kids」と本書の制作を決めた。アニメーションは25以上の言語で翻訳され、世界で1億5000万回以上再生されている。

「こちょこちょ」にも同意が必要

記事によると、本の中では、性的な接触だけではなく、遊びの延長でありがちな「こちょこちょ」についても触れているそうです。

2人の登場人物のうち、1人がくすぐり遊びを提案すると、もう1人は「やだ!」と拒否。
それでも「楽しいからやろうよ!」と言って、相手を無理やりくすぐり始める。拒んだ方は、「やだよ!」「やめてっ!」と繰り返すが、くすぐったくて笑いが止まらない。
くすぐる側が「楽しいでしょ?」と尋ねると、くすぐられた方は「あっち行け!」と怒りを爆発させる、という物語だ。

(ハフポスト日本版)より

さらに、記事中では、こんなエピソードも合わせて載せています。

くすぐりをめぐっては、親子の間でも子どもの「バウンダリー」が軽視されやすい問題がある。
タレントのSHELLYさんが、性教育を特集したNHKの番組に出演した際、親のくすぐりをめぐって「子どもに『やめて』は絶対に2回言わせない」と発言。「娘たちに、あなたのNOには力があるんだよっていうことを教えるため」と理由を語っていた。

(ハフポスト日本版)より

これを読んで、ハッとしました。
私も子どものバウンダリーやNOを軽視したことがあるかも……と、心当たりがあったからです。
子どもに対し執拗にこちょこちょ……過去にやったことがある気がします。

不審者とそうじゃない人の区別、子どもには難しい

子どもは何歳であれ、人格と権利を持った立派な人間であり、個人です。

ただし、思考や発達が未熟でもあります。

  • 親戚のおじさんおばさん祖父母から愛情として受ける、キス・ハグ・こちょこちょ。
  • 友達の親や近所の人から受ける不審な、キス・ハグ・こちょこちょ(=身体を触られる行為)。

我々の子どもたちは、この2つの区別がはっきり付くでしょうか?

きっと、付かないから、顔見知りによる痛ましい事件が起こるのでしょう。
最近は、まったく初対面の相手よりも、近しい関係性の相手による犯罪が目立ちます。

そういうことなのです。いくら子どもにGPSを付けても、防犯ブザーを持たせても、正しく判断して使わなければ意味がない。

だからこそ、子どもには「誰であれ、同意なしにあなたに触れることは間違っている」と教えなければいけないのです。親でも同じだと思います。

性的同意だけじゃない。子どもには常に選択の権利がある

これは、性的な問題のみに限りません。

日頃から、子どもが「自分には自らの行動を決める権利(自己決定権)がある」ということをしっかり認識していないと、いざ恐怖や不安の中で大人や社会など大きな存在に威圧された時、正しい対処ができないと思います。

いじめ・不登校による苦悩、煩わしい人間関係、ブラック企業での過剰労働……。

これらはすべて、子どもの頃から「NO」の選択を否定されてきた結果ではないでしょうか?
大人や社会など大きな存在に対し、常に付き従い「YES」の姿勢であることが素晴らしいという固定観念による歪みです。

毎日学校へ通うべき、会社に通うべき、多数決が正しい……。
子どもに限らずですが、世の中は「自己決定権」があるようでない風潮が強いのです。

もちろん「NO」では通らないこともあります。ただし、私たちが思い込んでいるほど、多くはないはず。

学校に行かなくてもネットがあれば、お家で学べて友達まで作れる時代になりました。
会社員じゃなくても、フリーランスとして個人で働く人は大勢います。
結婚をしなければ生きていけない世の中ではありません。

これまで通りの歪みを、子どもたちに再び強いることは、もう不可能なのです。

幼い頃から、子どもに「選択させる」習慣を

私自身、まだまだ完全にできていないのですが……。

この記事をはじめとする一連の事柄に気づいてからは、できる限り子ども自身に決めさせる機会を増やすようにしています。

  • 「朝ご飯を食べなさい」ではなく、「朝ご飯あるけど、食べる?」(「食べない」と言われたら、コーンフレーク・果物・お菓子を提案したり)
  • 「今日の服はコレね」と差し出すのではなく、「何を着たい? 持っておいで」(あまりにも季節外れな恰好でも、しばらく着せて放っておくと、たいてい心変わりします)

また、うちの長男については、1か月に1~2回ほど「幼稚園に行きたくない……」と言い出します。
以前は、私にも仕事があるし、多少強引にでも連れて行こうとしていました。

けれど、今はできるだけ本人の意思を尊重するようにしています。
近々、幼稚園の先生にも、私の考えを伝えるつもりです。

子どもが集団に馴染めなくなるより、自信を持って自分らしい判断が出来なくなるほうが、将来的に生きづらくなってしまうと思うので……。

では、また次回!

おすすめ記事

2件のコメント

  1. 概ね賛成。教育の一部は強制的な部分もある。社会のルールに従わせる必要があるからです。相手の意思を尊重することを優先すれば相手の同意無しに何も出来なくなります。AEDを男性が女性に使う際に同意を得られない可能性を感じた男性が躊躇したケースが報道されていました。アメリカは訴訟に至るケースが日本よりも多いので記事には納得です。しかし尊重し過ぎるとキスの手前で契約書を交わす場面が必要ですね。

    1. いつもコメントありがとうございます。難しい問題ですよね。許容範囲にも個人差がありますし。自分の価値観を他人に押し付けることが大きな問題だと思うので、学校も社会も多様性をより多く受け入れる姿勢が必要だと思います。既存のルールも分解してよくよく考え直すと、まだまだ改善の余地があるかと思うのです。「自分とは違う考えの人がいる、その意見も尊重しなければ」ということを、子どもたちには教えていきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA