【フィッシング詐欺】Amazonを名乗る偽メールが巧妙化!見分けるポイントと対処法

people night dark laptop

本日は、「Amazonを名乗るフィッシング詐欺」について学びなおし。

実は先月頃から、私のもとにAmazonの偽メールが頻繁に届くようになりまして……。

いつどこで悪い人にアドレスが行ってしまったのかは不明ですが、その巧妙なメール本文に驚いたので今回はシェアさせて頂きます。

実際に届いた偽メール

1/22
2/2

赤線・赤枠のところがめちゃくちゃ怪しいんです!

しかも、差出人の「Amazon」と表記されている部分から、詳しいメールアドレスを調べると……。

全然、Amazonじゃないんですよ。「誰!?」って感じ(汗)

Amazonに通報だ!

そこで私は、Amazonの公式サイトから「フィッシングまたはなりすましメールを報告する」を見つけて、上の偽メールを転送して送りました。

すると、本家からこんなメールが帰ってきましたよ!

そして、試しに差出人の「Amazon.co.jp」のメールアドレスを詳しくチェックしてみると……。

正式なメールなら、必ずこのようなわかりやすいアドレスになっているんです。

  • amazon.co.jp
  • amazon.jp
  • amazon.com
  • business.amazon.co.jp
  • email.amazon.com
  • marketplace.amazon.co.jp
  • m.marketplace.amazon.co.jp
  • gc.email.amazon.co.jp
  • gc.amazon.co.jp
  • payments.amazon.co.jp

ほかにも、上のようなアドレスなら間違いなさそうですよ!

不審なメールはログインせず、アカウントで確認を!

普段からフィッシング詐欺に引っかからないようにするためには、不審なメールが届いたらすぐにログインをするのではなく、いったんアプリや公式サイトからログインして「お知らせ」等をチェックする習慣をつけるといいと思います。

最近はネットショッピングが以前よりも需要増加して、詐欺の手口もより巧妙になっているようです。

こういうのは無視しただけでは手口を替えて増える一方ですから、なるべく通報して本家に知らせることで対処してもらいましょう。

では、また次回!

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA